Event

イベント

2020.12.17 (thu)

SEMINAR

【鹿福-KABUKU-】01.「LINE Fukuoka が福岡市と実現してきた Smart City の取り組みについて」

開催終了

  • 日時 2020-12-17 14:00-15:00
  • 主催 mark MEIZAN運営事務局
  • 参加料金 無料
  • 会場 オンライン開催です
  • 定員 50

■ イベント概要【オンライン開催】

全国的に「大企業×スタートアップ」の協業型ビジネスモデル開発、また新規事業創出に対する期待感が高まっているなか、鹿児島地域はその取組がまだ始まったばかりです。鹿児島地域における既存事業のDX、新規事業開発、スタートアップ投資の拡充、人材のボトムアップをおこなうべく、「大企業×スタートアップ」の連携および協業につながる新規プロジェクト「鹿福 -KABUKU-」を始動する運びとなりました。

2020年12月から2021年3月にわたって、鹿児島の「地域課題解決」「産業構造の高度化」「地域資源の活用」などの様々なテーマで、福岡オープンイノベーターリーダーの方々によるオンラインプログラムを開催いたします。

第1回の今回はLINE Fukuoka株式会社Smart City戦略室 室長の南方 尚喜氏より、「LINE Fukuokaが福岡市と実現してきたSmart Cityの取り組みについて」というテーマで、についてお話いただきます。

【オンライン開催】
新型コロナウィルスに関する対策の一環としましてオンラインでの開催とさせていただきます。
オンライン開催で利用する「Zoom」はお手持ちのパソコン、スマートフォンで視聴いただけます。

<オンラインセミナー(ウェビナー)の参加方法>
https://mark-meizan.io/report/588

また、オンラインでは随時質問や投票などの機能を使いながら運営いたします。イベント中に皆様の質問にもお答えしてまいりますので、積極的なご参加をよろしくお願いいたします。

講師

LINE Fukuoka株式会社Smart City戦略室 室長  南方 尚喜

2007年リクルートコミュニケーションズ入社。広告制作や新規事業の立上げに従事。
2018年LINE Fukuokaに転職。経営企画として会社の基盤づくり、また福岡市との協業案件を担当。
2018年8月に福岡市と包括連携協定を締結。Smart City戦略室を新設し室長に就任。設立から2年間で60以上のスマートシティ関連プロジェクトを遂行。

■ 対象者

・ 九経連鹿児島地域委員会のメンバーの方、新規事業担当の方
・ 鹿児島県内の行政・大学関係者の方、地方創生・産業振興・情報システム・産学連携の担当の方
・福岡県・鹿児島県のスタートアップの方
・学生の方(大学生・高専生・高校生)

※業種/職種でも申込み制限はございません
※markMEIZANの入居者以外の方もお申し込みいただけます

■ 参加申込

地域連携型オープンイノベーションプログラム【鹿福 | KABUKU】の各セミナーにご参加をご希望の方は、下記よりお申込みをお願いいたします。
イベント視聴URLは後日マークメイザン運営事務局よりメールでご案内いたします。

https://forms.gle/zfCkYPFVLVvkJJSr9

上記フォーム以外でのご連絡をご希望の場合は下記までご連絡ください。
メールにて視聴手順・視聴URLなどをご連絡させていただきます。

TEL : 099-227-1214 FAX : 099-227-1214
MAIL: info@mark-meizan.io

●お伝えいただく項目
会社名・お名前・電話番号・メールアドレス・参加希望イベント名

 

■タイムテーブル

14:00~挨拶・概要の説明

14:05~ 講義またはパネルディスカッション

14:45~ 質疑応答

14:55~ クロージング・次回のご案内

開催終了しました